どっぷりコドモ中心の生活。だけど、育児を楽しみ、自分の楽しみも忘れず、毎日楽しく♪をモットーに働くママの育児ブログ。

働くママの育児ブログ「悠々自適」

My Life~生活~

卵巣出血で入院( ;∀;)Part1

更新日:

先日、人生初の卵巣出血を起こしました。
とても辛かったので、覚えてことをできる限り記録しておこうと思います。

夜中の腹痛から始まった


夜中3時ころ、目が覚めると少しお腹に違和感が。。。とりあえずトイレに行って用を足してみる。この痛みは以前から時々あることだったので、今日もそのまま寝れるだろうと思ってお布団に戻ってみた。

が!!!

寝ようと横になった瞬間、これまでにはなかった激痛が左腹部に!痛くて痛くてとても横になれる状態ではなく、とりあえずリビングへ。初めはお腹だけだと思ったけど、だんだんと腰の方まで広がって、左側半分が痛くなった。

立ってても痛い

横になっても痛い

膝をついても痛い

仰向け、横向き、うつぶせ、色々やってみたけど何をしても痛い。

これが噂の盲腸か!?
と思い、痛いお腹をおさえながらスマホで検索。

が、盲腸は右のお腹っぽい情報が出てきて、違うかぁ。と思い、激痛でそれ以上調べることができない・・・。

少し時間が経てば治まるかも・・・と色んな体勢を取りながら我慢してみるものの、痛くて痛くて苦しい状態が40分ほど続く。全然良くならないしぃぃ・・・( ;∀;)限界を感じたので、とりあえず旦那を起こす。

あまりの激痛に痛み止めを飲んだ方がいいのか、この痛みは何なのか、もし調べられそうだったら調べてほしいと旦那に頼んでみた。

救急車を呼んだ方がいいのか相談できるところに電話してほしいと頼んだのに

旦那がびっくりして起きて、すぐさま調べてくれたんだけど、すい臓ガンとか、急性膵炎とか、膵がんとか、急性大動脈解離とか、なんかいっぱい出てきて全然特定できないって言うから、看護師さんに繋がる救急車を呼んだ方がいいのか教えてくれるところに電話してほしいと頼んだ。

私が知ってるのはここ。
救急安心センターさっぽろ

それが何をどう間違ったのか、繋がらないとか言い出して・・・んなわけねーだろ!(# ゚Д゚) ムッカー
でもこっちは痛みが辛くて文句も言えず苦しんでいると、旦那が誰かと話出したから番号間違えてたんだなって思ったら救急車呼んでた💦
痛いけど、歩けないほどじゃなかったから、自分の足で救急病院行けるし!(# ゚Д゚) ムッカー

って言ったら、じゃあ車で行く?とか呑気なこと聞いてくるし、本当に腹立たしかった ヽ(`⌒´)ノ
結局、どうするかと言い合ってるうちに到着した救急車。着替えて慌てて外に出る。
担架を持って来てくれようとしてくれたので、歩けるので大丈夫です。と伝えた。

救急隊員の方と話をしたら、きっと自分で行ってくださいって言われるだろうと思って、症状や経過などを事細かに説明した。痛みには波もあり、痛い時と痛くない時に若干の差があることなども告げた。血圧や体温などを計り、結局近くの病院に搬送されることになった。

病院に到着


救急車で運ばれて、ベットまで車いすで移動した。
痛みは横になるとひどくなるのに、色々と調べるので横になってくださいと言われ、痛みに耐え続ける。

男性の看護師さんが点滴の針を入れるのを何度も失敗してて、腕も痛い。
お医者さんはは2人いて、症状を伝えるとお腹を触って「尿管結石はしたことありますか?」と聞かれた。「ありません」と答えると「ほぼ90%の確立で尿管結石だと思います」とのこと。これから調べるので、痛み止めを点滴しますね。と言われやっと痛みから解放されるのかと少し安心した。

痛み止めが効くまでの間にもお医者さんに「腎盂腎炎はしたことありますか?」とか「婦人科系に疾患はありませんか?」とか聞かれた。

点滴をし始めてから30分くらい経ってもまだ痛い。まだ効かないのかなぁって思ってると「だいぶ楽になりましたか?」と聞かれ「全然変わりません」と答えると少し効きが弱いから座薬にしますね、と。座薬はよく効くので、もう少し我慢してくださいね、とも言われた。

が!!!
待てど暮らせど、痛みは引かない。
苦しんでいる私の姿を見て、お医者さんもおかしいなと思ったみたいで、まだ効きませか?と聞いてきた。全然変わりませんと再度答えてみる。

人生初のCT検査&造影剤検査


「おそらく尿管結石だと思うんですが、CT撮って石が映るか見ますね。ただ他の病気も疑われるので造影剤を使っても撮ります」みたいなことを言われ、造影剤は副作用があるので、同意書が必要と言われ苦しんでいる中、説明され署名した。

全く痛み止めが効かないままCT検査へ。造影剤も使って、無事に撮影完了。
またベッドに戻るとさっきとは別のお医者さんに「痛み止め全然効いてないみたいですね。もう少し強い痛み止めがあるのでそちらを使いましょうか。」と言われ即答で「お願いします」と答えた。

すでに時刻は6時。
病院に到着したのは、おそらく4時すぎ。
痛み出してからもう3時間ほど苦しんでいる。痛み止めが効かないなんて、もしかして、ガン???と少し不安になりました。

別の病院へ転院

CTの結果、尿路結石ではありませんでした。
右側の卵巣に比べると左側の卵巣が白く大きく映っているので、もしかしたら卵巣から出血しているかも知れないという意見が出始めました。ただ搬送された病院には産婦人科がなく、専門医もいないため、それが本当に卵巣なのかという確信が得られないということで、出血の場所が卵巣でも内臓でも対応できる病院に転院してもらいます。ということになった。

時刻は6時半。
やっと痛みが和らいできた。そして待合室でずっと待っていた旦那と子供がやっと通された。結果が分かるまでは入れないのかな?

転院先は自宅からはかなり遠い大きな病院だった。
私は再び救急車で運ばれることになり、旦那と子供は後から車で来てもらうことになった。

今日から仕事だったので、旦那に私の会社に電話をしてもらうことをお願いした。
子供たちも今日はお休みさせることになり、欠席の連絡などもお願いした。

転院先から9時過ぎに着くように来てほしいと言われたようで、時間になるまで救急車を待つ。

少し長くなったので、この先の記録はPart2にしようと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-My Life~生活~

Copyright© 働くママの育児ブログ「悠々自適」 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.